EV(電気自動車)充電スポットの必須アイテム EV標識・路面シート販売専門店

電気自動車の充電スポットに必要な路面標識や案内看板の販売を行っている専門サイトです。

サインシティお問い合わせ:052-265-7519

お気軽にお問い合わせください

路面シートの貼り方

このページでは、路面シートの施工手順、注意事項をご説明しています。

専門業者の方が貼付施工する場合でも、路面の種類、路面状態に応じたプライマ―(下地)処理や施工を行なわないと貼付後の剥がれや形状変化のトラブルにつながります。事前にこちらの内容を確認いただき、施工業者様に事前のご案内、ご確認をしていただきますようお願いします。

もちろん、弊社にて設置、施工のご依頼も承ります。
お気軽にお問い合わせください。(FAXの場合は052-350-2662までお願いします。)

必ず設置時にプライマーの塗布をお願い致します。

■プライマー塗布の注意点

配置面 経年・路面状態 下地処理方法 注意事項
アスファルト 施工直後 清掃後、プライマー塗布しない 塗布量はごく少量とする
施工後1日〜1週間 清掃後、プライマー塗布  
施工後、1週間以降 清掃後、プライマー塗布  
コンクリート 施工後3ヶ月未満 原則として施工しない 新設コンクリートは施工不可
施工後3ヶ月以降〜6ヶ月以内 表面を研磨後、清掃・プライマー塗布 プライマーの吸い込み状況により何度か塗布
施工後6ヶ月以降 表面を研磨後、清掃・プライマー塗布  
インターロッキング コンクリート系 清掃後、プライマー塗布  
陶板系 清掃後、プライマー塗布  
石材 鏡面仕上げの場合 清掃後、プライマー塗布しない  
鏡面仕上げ以外の場合 清掃後、プライマー塗布 塗布量はごく少量とする

路面標識シート設置時の後注意点

■施工の注意点

  • 設置面に水分が残っていたり、ゴミやホコリ、油分などの汚れが付着している場合は剥がれの原因になります。十分に乾燥、清掃を行ってください。
  • 施工時の外気温が低いとき(気温10℃以下)は、ガスバーナーなどで設置面の温度を40℃程度になるまで加熱してください。
  • シートは、施工直前まで直射日光を避け涼しい所に立掛厳禁で保管してください。
  • バーナー使用時は火気に十分ご注意ください。
  • 専用プライマーに記載されている注意書きを必ずお読みください。
  • 設置面の適合性、接着性に充分にご確認ください。
  • 設置面に凍結防止剤が残留している場合、必ず除去してください

■施工場所の注意点

下記の場所については施工を避けてください。

  • 水没する場所。(雨が降ると水たまりになる場所など)
  • 設置面に防水、撥水塗装がされている場所。
  • 設置面に亀裂が入っている場所。
  • コンクリート親切塗装から3ヶ月以内の設置面。表面のレイタンスにより接着性を損ねる原因になります。
  • アスファルト打設直後の設置面。
  • 設置面の凹凸が激しい場所。
    (アスファルト・コンクリート路面が劣化している場所など。)
  • 車のタイヤの負荷が、かかる場所。(車が急発進、急停車する、車のタイヤのステアリングがきられる場所など)

施工後の設置面の現状復帰はできかねますのでご注意ください。
コンクリート面への施工をする場合、屋外ではコンクリートに含まれる水分により、施工後シートに膨らみが生じることがあります。
※公道への施工は道路管理者の許可が必要です。
※その他、設置面に関して、ご質問がございましたら、当社まで、お問い合わせください。

路面シート【組込式】貼付タイプ施工手順

動画でわかる「路面シート【組込式】貼付タイプ 施工手順」

位置決め

設置位置を決め、作図します。
レイアウト図が入っている場合は、図にしたがって展開してください。
表面の保護シートは、この時点では剥がさないでください。

位置決め図

清掃

ほうき等で設置面の清掃をします。
凹凸部分は念入りに掃きだしてください。

清掃図

プライマー塗布・乾燥

専用プライマーを設置面凹部まで均一に塗布し、指で触れても付着しなくなるまで充分に乾燥させます。
塗りすぎ・乾燥が足りないと剥がれの原因となります。

プライマー塗布・乾燥図

貼付

シートの裏紙(剥離紙)を少し剥がし貼付けます。裏紙(剥離紙)を徐々に剥がしながら設置面に貼付けていきます。
表面の保護シートは、この時点では剥がさないでください。

貼付図

転圧

シート中央から外側に向けて表面の保護シートの上からゴムハンバー等で空気を抜くように転圧します。特にエッジ部分は充分に転圧してください。
車のタイヤで転圧する際はシート上でハンドルをきらないように注意ください。

転圧図

施工完了

シート転圧後、設置面の凹凸部までシートが接着していることを確認します。表面の保護シートを剥がしてください。 施工完了です。
設置面とシートの間に時間があると、水が浸水し剥がれる恐れがあります。

施工完了図
■保管方法
直射日光、水漏れ、高温、低温、多湿を避け、火気のない屋内で保管してください。
立掛厳禁で、平らな場所に平置きで保管ください。
製品を変形させて保管しないでください。
■廃棄方法
本製品を廃棄する際は、各自治体の条例に従い、適切に処理してください。
■免責事項
第三者の故意、過失による不具合、天災、地盤や周辺環境に起因する製品の損傷、不具合。
経年劣化による汚れ、磨耗いによる製品の劣化や剥離。
万一、材料に起因する不具合が生じた場合は、材料のみ代替え提供します。二次的損害については、保証いたしかねますのでご了承ください。
本来の使用目的以外の用途に使用された場合の不具合による損害・損失。